絹塾 織物教室

絹塾×qu-ha 秋の工房展

絹塾×qu-ha 秋の工房展
秋が深まる季節です

この度、久しぶりに絹塾 秋の工房展を開催致します

場所は以前絹塾の拠点としていた

八王子市上恩方、力石の一軒家をお借りできることになりました

父が生前愛した工房で

絹塾とqu-haの作品の数々を展示しようと思っています

また、卓上織りコースターや、秋の読書に最適なブックカバーのworkshopもご用意しています

お子様を連れての織り体験に 母娘でのお出掛けに 趣向を変えたデートに

お気軽にご参加ください★



■日程:2014年11月7日(Fri)8日(Sat)9日(Sun)10:00〜17:00
■場所:東京都八王子市上恩方町1517
バス力石(陣馬高原下行):八王子駅北口から50分 高尾駅北口から20分
※お車でのお越しは中村農園(徒歩4分)をご利用ください


大きな地図で見る

糸の糊付け

糸の糊付け

糸の精練に続き、今度は糸の糊付け作業です。

糸の糊付けは、織物をする際、経糸の毛羽を伏せて糸の表面を平滑にすることによって
強度を保持し、摩擦を和らげ、織物をし易く、又風合いを損なわないようにする大事な準備工程です。

特にこの『きびそ』はこの作業なしでは、織物としてとても扱えません。

さて材料はこちら
ふのり

ふのり(布海苔)といって海藻から作られる天然ののりです。

物置で見つけた時は「なんじゃこりゃ??」使わないものなら処分したい。とすら思ったけど、調べたところ、高級品。
キロ7000円位する代物でした。
知らないって怖い。。。

これを一晩水につけて、湯煎で溶かします。
ふのり

こちらを越したものを使います。
ふのり

水で薄めながら糸に満面無く揉み、染込ませます。
糸の糊付け

糊を均等に絞ります。
・糸を棒に掛け、ネジネジする。
糸の糊付け

・捩った糸からにじみ出たのりをしごく。ぬるぬるする。
糸の糊付け

上記を4、5回繰り返し。

糸をはたいて、綛を整えていく。
糸の糊付け

編みそを揃えながら、丁寧に、かつ力強くパンパンはたきます。
糸の糊付け

乾燥
糸の糊付け

これを一綛一綛、手作業で行います。


今回は2日に分けて、35綛。腕、肩がパンパン!

糸の糊付け

こんなに綺麗に糊付けできました★



モノ作りって、なんでも初めの準備が大事なんだと、つくづく感じます。

小さな気遣いが、後々大きな役割を果たしたりする。

これは長年作業をしてきた人の工夫や感覚でできていて、教科書やインターネットで調べても載っていない分野の知識。

忙しくて、どんどん移り変わる生活の中でも、そういう気遣いが出来る人になりたい。

Monoco

明日(2013年1月23日)より5日間、Monocoでセールイベント実施します★

Monocoとは?
世界中からセレクトされたデザインアイテムを集めた招待制shoppinngサイトです。
もメールアドレスを登録すれば誰でもみることが出来ます。
友人を紹介すると、お得なポイントがつきます。

扱われている商品は、ハイセンスなセレクトばかり!
見ているとどれも欲しくなってしまう、という危険なオシャレサイトです。
qu-haのアイテムを気に入ってもらえてセレクトしてもらえた事、とても光栄です★

https://monoco.jp/
まだ登録していない人は是非、この機会に!


対象アイテムはこちらです↓↓↓↓↓

monoco で紹介されたqu-haオリジナルストール

kibisoのstoleは、手染めで染めたkibisoを使用して、一枚一枚手織りで織り上げた一点ものです。
季節を選ばず巻く事が出来き、暖かみのある高級感があります。


monoco で紹介されたqu-ha×windsky シルクランジェリー

Silk natural dyeing lingerieは、ランジェリーブランド『windsky』とのコラボアイテムで、
素材はそれぞれ、手織りならではの風合い、天然染めならではの色合いがあります。


全国のMonocoファンの皆さんにも、気に入ってもらえたら嬉しいな★